ヘッジファンド2019-06-03T14:41:05+00:00

ヘッジファンド革命

変化する取引技術

取引の信念は総体的な市場経験に基づいています。それは取引インフラの世界のまさに不完全な状況を我々に与え、
誤った結果に飛びつきやすくなります。
市場の先入観は、人間の認識の象徴、脳に物理的に組み込まれた取引の特徴、事実に基づいたそれらを超えたバイアス作成なので、当社の人工知能はバイアスフリーの取引を意味します。
60以上のアルゴリズムを備えたPlutonis A.I.は取引方法と同時に量的取引を変えています。

Plutonis  A.I.

中央銀行の活動は、金融市場の多数の分野で経済率を見つけづらいある点まで、市場価格と価格発見をゆがめて来ました。当社は人工知能を開発して、極端な不正操作のこの時期を通じて適切に取引すると同時に、経済の基本に戻って必然的な動きに向けて設定します。
ディープラーニングマシンを介した取引は、量的市場モデルに決定された取引注文の計画的な実施です。一部では米国だけで取引量の75%以上が現在、量的またはアルゴリズム取引に頼っていると推定されています。このことが、Plutonis Groupが人工知能を作るきっかけとなりました。
リターンにマイナスの影響を与えない、何十億ドルも吸収する能力を備えた戦略を取り入れた総合的な精密な予測モデルの上に構築されています。ディープラーニングマシンの中核となる戦略は、確実な計量経済学や合理的根拠、そしてパターンのランダムな発見や過去のデータに合わせる必要がある決定的に少ないパラメーターではなく、タイムパラメーターに基づいています。

取引戦略の崩壊

現在の中央銀行の方針が世界経済に有益性を証明するならば、歴史が伝えるでしょう。我々がすでに分かっていることは、銀行がすべての主要の資産クラスに重要な再評価をもたらし、該当する資産の所有者や借り手に有益であることを証明したということです。 この方針におけるひとつの明らかな副作用は、市場価格発見が著しくゆがめられ、そのために資産が経済的に最も効率的なプロセスでもう配分されないということです。

0%
プラスの取引パフォーマンス

相場の良し悪しの経済的な違いを作る世界では、これは期待されていること。日内変動のリターンの分配は、この不均整を考慮しなければなりません。これは、相場が10年間マイナスに進まないということではありません。特殊なケースですが、スイスではもちろん、あり得ることです。要因としてゼロマークを反映する必要がある方法は、なおも今日では日内変動で観察することはできません。

0%
平均リスク / 削減

よくある質問

下降市場でPlutonis A.I.はお金を稼ぐことはできますか?2019-06-03T14:58:15+00:00

はい、A.I.は下落価格向けに設計・調整された複数のマクロ取引戦略を適用していて、下降市場(弱気市場)の間に利益を得ることができます。

ディープラーニングとアルゴリズム取引の違いは?2019-06-03T14:54:31+00:00

実行が重要な違いです。 アルゴリズム取引では、注文はコンピューターが自動的に実行します。
ディープラーニングマシンは、もっと洗練されていて、どのポジションに置くか、いつ出入りをするかということを決定するために数学を利用する取引で、世紀の取引への経路です。

Go to Top